白豆柴豆吉、室内犬に戻れるぞ

我が家の白豆柴、豆吉は、仔犬の時からずっと室内で飼っていました。

しかし、1年半前に家庭の事情で暫くアパートに住むようになったので、外飼いになったのです。

最初は、白豆柴豆吉が外にいる事が可哀想でたまりませんでした。

そんな豆吉に朗報です。

早めに家に帰れることになりました。

室内犬だった白豆柴豆吉が、家の外で飼い始めた日の切なさ

豆柴は、柴犬です。

豆柴って言う種類はありません。

柴犬なのです。

だから、室内ではなく外で飼っても大丈夫なのです。

そのために、豆柴の毛は二重構造で生えています。

と言うことは、頭では分かっていましたが、ずっと室内犬だった豆吉が、始めて外に出た日はまだ寒い日だったので、それはそれは心配でした。

豆柴を室内で飼うことの唯一の困りごと

白豆柴豆吉を室内で飼うとき、1つだけ困った事がありました。

それは、『抜け毛』です。

豆柴って、先程も書きましたが、毛が二重構造のようになっているので、抜け毛が酷いのです。

私は、可愛い豆ちゃん、ですので、犬だから仕方ないで済むのですが、家族は、毛が毛が!といつも言っています。

豆柴を家で飼う、唯一の困りごとですね。

豆柴、いよいよ室内犬に戻れるぞ!

やったーって感じに見える豆吉です。

室内が大好きな豆吉なので、大喜びでしょうね。

ずっと大好きな家族が見れます。

虫もいません。

後、1ヶ月も待たずに室内犬に戻れるのです。

良かったね、豆吉。