動物虐待の罪は軽すぎると思いませんか?

以前、ブログに書かせてもらった、警察犬訓練所と名乗りながら、動物虐待をしていた業者の話しのその後です。

飼い主さんから連絡がありました。

罪になったそうですが、軽すぎる罪です。

ワンちゃんは、虐待で殺されかけて片目を失ったのに…

動物虐待の罪は軽すぎる

この記事をまず呼んでください

これだけの酷いことをした、警察犬訓練所を名乗る虐待業者は、今も経営を続けています。

同じ被害に遭う犬が出ないこと祈りなが書いています。

ワンちゃんは、死にかけていたのです。

なのに、この業者への罪は、起訴されて、罰金20万円だけです。

こんなに軽い罪に驚きです。

飼い主にとって愛犬は我が子と同じです

飼い主にとって、愛犬は我が子と同じです。

殺されかけているのです。

死にかけていたのに、動物虐待の罪は軽すぎる…本当に軽すぎる…

しかも、この業者、何の謝罪もありません。

どんな気持ちで、こんなになるまで暴行をしたのでしょうか?

心臓もずれるくらいに暴行をしているのです。

動物虐待の罪は軽すぎます。

罪が軽すぎるから、動物虐待が無くならないと思います。

この、業者のように、平気で虐待をしながら、また、他の犬を訓練している…

きっと、他の犬も酷いことをされてると思います。

軽すぎる動物虐待の罪を知ってください

動物虐待の罪の軽さを知ってください。

そして、平気で動物虐待をする業者がいることも知ってください。

罪を重くするなんて、どうにも出来ないことかもしれません。

しかし、同じことが繰り返されないように多くの人に知って貰い、動物虐待の現実を知ってもらいたいのです。

もし、身近で動物虐待かな? と思う事があれば、早めに警察に通報して欲しいのです。

動物たちが虐待に遭わないように…

この、業者の元へ他のワンちゃんが行って、同じ目に遭わないことを願います。